ネットショップ限定_新生活応援キャンペーン
全品10%off開催中!2020.4.12(sun)まで

ギャッベとは

イランの砂漠の周辺に暮らす 遊牧民族「カシュガイ族」の女性たちが、
羊毛で織る草木染の手織り絨毯を ギャッベ(ギャベ)と呼びます。

中東・イランの様々な地域で、
カシュガイ族という世界でも希少な遊牧民族が
遊牧生活をしながらギャッベを織っています。

特にシーラーズはギャッベの産地として有名で、
世界遺産ペルセポリスもシーラーズにあります。


現地では『ざっくりと粗目に織られた
毛足の長い手織り絨毯』をギャッベと呼ぶことが多く、
ペルシャ絨毯と比べると粗く、
毛足も長く厚めに織られています。

ギャッベは遊牧民が
テントの床に敷いているラグで、
丈夫さとフカフカの弾力性で
固い土の床から彼らを守ってきました。

高地で育った羊毛は、油分を豊富に含み、
防汚性・ 撥水性に優れ
そのウールを手で紡いで
草木で染めてから織り上げてある
とても手間のかかったものです。
ギャッベの素材・染料についてはこちら

彼女達の暮らしの中にある風景を
即興でギャッベに織り込んでいくため、
素朴な自然の色とデザインが生かされています。
暮らしに根ざした伝統的な織物であるギャッベの技術は、
2012年、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。

女性たちが暮らしの中で
長い時間をかけて織り上げるギャッベは
描かれるモチーフに意味があり
「願い」や「未来への夢」が込められています。
柄・モチーフの意味についてはこちら

機械で大量生産される商品の使い捨てではなく、
人の手によって一枚一枚心を込めて制作された価値のある物を
毎日の生活に取り入れていただきたいと思います。

そして、気に入っていただいたギャッベを、
いつまでも大事に使っていただくという考え方を
kavirは大切にしています。

人の手で、自然の素材を使って作られたものだからこそ、
どれも世界に一つしかない作品です。

ぜひ、あなただけのギャッベを見つけてください。
Right Menu Icon