ギャッベ専門店kavir(キャビール)国立店(東京)/伊那店(長野県)
イランの遊牧民の草木染手織りラグ、ギャッベ(ギャベ)
沙漠の国イランより、皆様にお届けします

kavir  < ギャッベって?素材・染料・デザイン

ギャッベって?
素材・染料・デザイン

カシュガイ族
毛糸を紡ぐ


ギャッベって?


イランの砂漠の周辺に暮らす遊牧民族「カシュガイ族」の女性たちが、羊毛で織る草木染の絨毯をギャッベ(ギャベ)と呼びます。

草木で染めた手紡ぎの羊毛(ウール)で、彼女達の暮らしの中にある風景を即興でギャッベに織り込んでいくため、素朴な自然の色とデザインが生かされています。


「ギャッベ」の意味


現地では『ざっくりと粗目に織られた毛足の長い手織り絨毯』をギャッベと呼ぶことが多く、ペルシャ絨毯と比べると粗く、毛足も長く厚めに織られています。ギャッベは遊牧民がテントの床に敷いているラグで、固い土の床から彼らを守ってきたのです。
イラン

 

カシュガイ族の暮らし

ギャッベを織る

カシュガイ族のテント

カシュガイ族のテント

スピンドルで羊毛から毛糸を紡ぐ


素材

ギャッベを織る毛糸は、カシュガイ族が遊牧している羊の毛(ウール)です。その毛を手で毛糸に紡いでいくので、糸は太いところ、細いところなど違いができます。その太さの違いがギャッベの素朴な味を引き出します。

ギャッベはウール100%なので夏にはモコモコ暑そうというイメージがありますが、毛は意外にさらりとして快適に使えます。なぜかというと、羊毛自体が呼吸しているからです。動物の毛にもあるキューティクルは、開いたり閉じたりして毛の中の水分を一定に保とうとするのです。



暑い夏には

さらりと快適

寒い冬には

乾燥した冬には、ふんわりと暖かな肌触り

羊

子羊達
イラン




ギャッベを織る毛糸は、昔から草木や虫から採る天然染料で染めており、薄茶、青、赤、黄、緑が多く使われています。 それぞれの色は、異なる植物を煮て摘出した煮汁の色で、その中に紡いだ毛糸を入れて煮ます。

そしてその色を染め合わせて様々な色を出します。天然染料は、太陽の光にさらされ、使い込むほど少しずつ色があせてきますが、その色もまた淡く優しい良い色です。

毛糸
ギャッベを織る

  • 青 ・・・・・インディゴ(藍)など
  • 赤 ・・・・・アカネの根、コチニールなど
  • 薄茶・・・ピスタチオ、クルミの殻や木の皮など
  • 黄 ・・・・・ザクロの皮など
  • 緑 ・・・・・ジャシールなど

 

デザイン

ギャッベの柄やデザインは、織り手さんが決めます。
即興でいろいろな色に染められた毛糸を織り機に通し、
一織り一織り慎重に織り手の世界を表現していきます。

広大な台地や砂漠をイメージした薄茶やグレーや
オフホワイト、青は夜空とそこに輝く星もしくは水への
憧れを表すオアシス、風に吹かれる草原がどこまでも
続く緑、赤やオレンジの夕日に染まる大地、
そこに木、動物達、人などが小さく織り込まれます。

ギャッベのデザインは、カシュガイの人々が
今もなお広大な自然と共に暮らし、その環境と
共存しているからできるものではないでしょうか。
ギャッベには、遊牧民の素朴な生活や、彼女達の
生き方や思いが自然と織り込められているのです。

生命の木
「生命の木」のモチーフ
ラクダ
「ラクダ」のモチーフ

★ 各モチーフの詳しい説明はこちら ★


化学染料や繊維を用いて機械で大量生産される商品の使い捨てではなく、人の手によって一枚一枚
心を込めて制作された価値のある物を毎日の生活に取り入れていただきたいと思います。

そして、気に入っていただいたギャッベを、いつまでも大事に使っていただくという考え方をkavirは大切にしています。
どれも世界に一枚しかない手作りの作品です。ぜひあなただけのギャッベを見つけてください。